鉄道写真

2017年8月12日 (土)

夏の北条鉄道

いつものようにお盆になると貨物列車のウヤが目立ってくる。それ以前に撮りたいと思うような機関車も減ってきた。鉄道写真のテーマ転換期に差し掛かってきたようである。車両自体にテーマを追求できないとなれば、やはり風景を主題にした鉄道写真を考えていかなければならない。駅員や利用客など人物については全く興味がないからね。
では身近なところから始めてみましょう。
Img_4_4934_2
単行車両なんで自ずと風景主体の写真に仕上がりました。朝早い時間でしたがすでに暑いです。

しかし雲の多い空模様でありました。ほぼ諦め気分で次の列車を待ちます。するとどうでしょう、雲の隙間から光線が・・・。
Img_4_4935_3
投げやり的にやっている方が結果が良かったりします。(笑)

2017年8月 6日 (日)

北条鉄道と飛行場跡

以前よりその存在は知っていながら訪れることのなかった旧海軍飛行場跡。その名は鶉野飛行場。加西市のやや南部にその跡が残っており、加古川から自転車に乗って訪れてみることにした。
前置きでは戦争遺産をこの目で確かめて当時を偲ぶかのような書き出しだが、最初に目にしたのはのどかな田園地帯を行く一両の気動車。やはりそうきましたか。と、ここで大変なことが。
カメラを構えていると突然ガシャンという音が。自転車がこける音と共にカゴに入れていたリュックが用水路にドボン。アーッ!慌てふためきながら引き上げるもコンデジ、スマホ、携帯全て水没。こりゃダメか・・・。いや、その後の素早い救命処置が功を奏したのかお陀仏にはならなかった。やれやれ、危険予知が不十分だったな。
おっと、汽車が来ましたよ。
Img_4_4815_1

田んぼを吹き抜ける風が稲に風紋を描いていきます。この風のせいでで自転車がこけましたけどね。(笑)
夏らしい一枚が撮れました。

さて、鶉野飛行場跡はドボンの場所から15分ほど自転車をこいだところにありました。飛行場としては小さい方なんでしょうか?想像していたほど広大なものではありません。でもここから特攻隊が出撃した事実を思えば何とも言えない気持ちになります。
Img_4_4828_1

Img_4_4831_2

飛行場跡の近くで古い型のクレーン車を発見しました。ナンバーが取付けられていますが、どう見ても動いているような雰囲気はないです。
Img_4_4837_3
TADANO製ですね。飛行場跡よりこっちの発見にちょっと感動していたりします。

帰りに法華口駅のパン屋でパンを買いました。今日は加古川の花火大会です。楽しい一日はまだ終わりません。

Img_4_4871_5

2017年8月 5日 (土)

この時期だけ

日没時刻も関係あるが陽の沈む方向からしても今しかない。だいたい75レは17時前に吹田を発車するんで撮影できる期間はわずか。この前は雲にやられたが今日は大丈夫だった。
Img_4_4800_1
75レ
暦が進めば陸橋と架線柱の影がさらに伸びてくるから、日に日に撮影条件は厳しくなっていくのだろうな。

2017年8月 1日 (火)

夜行バスで山口へ

前日の晩飯はちょっと気になっていた洋食屋で済ませた。面白いのは洋食屋でありながらおひつがテーブルにどーんっとあって白飯食べ放題。(笑)
Kimg0380_1

Kimg0382_2
ビーフカツ定食

寮に戻って軽くビールを飲む。身支度を整え阪神電車で三宮へ。そこから山口行きの夜行バスに乗り込んだ。人生初の3列シート。隣の人を気にしなくていいはずなんだが、通路を挟んで横にいるデブのイビキがうるさい。
山口米屋町には20分ほど遅れて到着。山口駅まで少し歩いてそこから列車で徳佐に向かう。SLやまぐち号を狙うのも久しぶりですね。にわかファンはやっぱり重連などイベント事しか顔を出さないのであります。
Img_4_4730_2
8521レ
トップライトの時間でもありSLの煙が日傘のような按配に。しかしこの黒煙がSLの魅力なんでいい写真になりました。

折り返しも徳佐で狙うことに。
さてと、返しまではたっぷりと時間がありますよ。なんか喉が渇いてきたよな。車を運転してきていない特権といえば・・・。やはり冷たいビールで喉を潤しておかないとね。これが出来るのもバスでやって来たおかげ。だが残念なことに駅周辺には食堂など見当たらないんですよ。しょうがないからスーパーで缶ビールを買って店先でグビッ。あーっ、うまっ!

ビールは1本だけにしといて山口線のキハをパチリ。ここも地域色からタラコ色に戻されていい感じになっています。
Img_4_4752_4
8562D

ようやく遠くに徳佐駅を目指すSLの煙が見えました。でもモクモクといった状況ではなく野焼き程度の弱々しい煙。まぁ、上りのやまぐち号は津和野の辺りでしか煙を吐かないようなんで余り期待はしていません。
発車の汽笛がシゴナナ、シゴロクの順に吹鳴されました。これ、風情があっていいもんです。
Img_4_4777_5
8522レ
おおーっ、結構な加速で走ってきましたよ。煙は予想どおりで蚊取線香級ではありましたが、それでも黒い煙が流れていきます。12系レトロ客車との組み合わせも間もなく見納めですね。

さてと、山口へ向う列車はあと1時間ほどやって来ません。今度は駅前の酒屋でビールを調達。風鈴のなる駅舎で再びグビッ。いい風が吹き抜けていきます。
Img_4_4781_6

Kimg0389_3

山口へ戻ってきたのが18時を少しまわったぐらいだった。バスの発車まで時間は十分にある。では今日かいた汗をきれいさっぱり流してみようと考え温泉へ。近くには有名な湯田温泉があるけれど、訪れたのはほとんど銭湯というような造りのところ。またそれがいいんんだな。湯は単純泉でほのかに匂いもある。
Kimg0392_4_2

さっぱりしたら当然であるが一杯ですよね。温泉のすぐ近所にいい佇まいをした大衆食堂があったんで暖簾をくぐってみた。風呂も飲み屋も大衆系が好きなんだな。
Kimg0396_3

Kimg0397_4
レモンチューハイにサラダ、カツオタタキ、パリパリギョーザ、土手煮どれも旨かった!

酔いも手伝って帰りのバスではすぐに眠ってしまう。そして目が覚めれば神戸に近いどっかのSAに停まっていた。時間調整なんだろう。
寮に戻ってきたのが7時ごろ。身支度を仕事モードに整え出社です。しかし、この日は睡魔との闘いだった。

2017年7月23日 (日)

夏の朝に27号機

湿っぽい空気に包まれた夏の朝。じっとしているだけでも汗が流れる。セミ時雨がその暑さを助長するかのようにやかましい。でも、気分はいいんだな。
Img_4_4682_1
5061レ
モーター音も高らかに船坂峠を行く27号機。カッコいいね。

2017年7月22日 (土)

901的な1号機

EF510には試作機に付与される901号機というナンバーが存在しない。依って実質は1号機が試作機という位置付けにあるようだ。それは車体裾の白帯が太かったり、RED THUNDERのロゴがないなどの特徴に見られる。
Img_4_4650_2
2080レ
地元のおじさんと少し喋った。話はトワイライトエクスプレス瑞風のこと。どうやら写真を撮ったらしく「ゆっくりと走ってくるから素人でも撮れたわ」と。おとっつぁんはEF510-1の方がカッコいいけどね。

実はこの日、偶然にもEF510-1の前にやって来たのが桃太郎の901号機。試作機を立続けに見られることなど滅多にないよな。
Img_4_4624_4
1054レ

さらには湘南色の115系も。でも逆光なのだ。
Img_4_4633_3
1313M
よくぞ2編成とはいえ、このカラーリングを残してくれたことに感謝。

2017年7月21日 (金)

最後にやられた

7月のMPDはこの日に設定。そして丸一日の休みである。さらにいいタイミングでロクロク30号機が上って来る予定だ。どこで撮ろうか?その前に福通エクスプレスも狙いたい。ということで福島から電車に乗って市川へと向った。東姫路駅が開業したので徒歩でも苦にならない。
Img_4_4562_1
56レ
なんとか太陽は出てくれました。だが、この後は雲優勢の空模様となっていくのでありました。うーんっ、どうしようか。曇りじゃ気合いが入らんよな。あれっ、ロクロク30号機は遅れてるやんか。幸か不幸かわからないが今すぐにはやって来ない模様。では予定変更である。

久しぶりの姫新線。
播磨新宮で乗り換えて佐用まで行く。目的はB級グルメのホルモン焼うどん。車で通ることは何度となくあった佐用だけど未だに食ったことがないのであった。
Img_0294_1
大ぶりのホルモンが旨い。うどんはオマケ的な存在といった感じか。でも今はホルモンってけっこう高値なんでB級じゃないかもね。

焼うどんを食っているうちに空は青空になっていた。佐用から智頭急行に乗って上郡へ。ディーゼルカーの車内にはたくさんの風鈴がぶら下がっている。
Kimg0371_1
エアコンの風と車両の揺れでチンチロチンチロ。車窓には青い田んぼが流れていく。窓を開けたい気分だったね。

上郡駅前の観光案内所で自転車を借りる。その名も円心号。それにまたがりいつもの撮影ポイントへ。しかし暑い。
Kimg0372_2_2
木陰で一服。

おっと、今日の配給にはEF200が入っているじゃありませんか。この組み合わせで写真に収めるのは初めてかもしれません。
Img_4_4568_2
配6866レ
昔はレール輸送や車輪トキもあってなかなか興味深い編成だったんだけど。いや、トキ一両で来たときもあったな。まぁ、今日はそれなりに連ないでるほうか。

さて、本命のロクロク30号機。4時間20分の遅れをもって運転しているようです。そろそろやって来そうな時間になりました。暑い中ではありましたがよく耐えたもんです。その前に下りの桃太郎が見えました。あっ!ロクロク30号機のライトも・・・。マジかよ。
Img_4_4598_3
5074レ
タイトルにある言葉の意味がこれ。
なんだか西濃運輸のキレイに塗られたコンテナが憎たらしいほど目立っています。
そういえば、ずいぶん前にもここで黄色に被られたよな。相性が良くないんかもね。円心号を力なくこいで駅まで戻りました。
お祓いにでも行こうかな。

最後に気休めになったかならなかったか・・・、PFで締めました。
Img_4_4609_4
75レ

2017年7月20日 (木)

シーズンオフのSRC

もう光線の当るところがないと諦めていたSRC。ダメもとで本年最後の撮影に4時起床で挑んできた。
Img_4_4551_1_2
51レ
ほんのわずかに朝陽が差し込んだところを一枚。厳しい露出と手持ちの追い撮りはおとっつぁんにとって極めて難度の高い撮影だった。はい、今シーズンはこれでおしまいです。

さて、この後は恒例の市場訪問。
今日の朝飯は洋風です。しかしこれはちょっと濃いかった。
Img_0285_1
タラソテーホワイトソースかけ。市場の食堂にしてはちょっと似合わないような。でも美味しかったです。

2017年7月17日 (月)

晴れではダメなポイントで

朝早い下り列車を順光で狙えるポイントは少ない。上郡の築堤かセトジョウぐらいだろう。この日ももしかしたら晴れるかなと期待して上郡にやって来たんだが、ボンヤリ太陽が満月程度の光線を放っている状況。よしよし、物事は前向きに考えましょう。ということで、晴れれば逆光となる位置でカメラを構えてみることにした。
Img_4_4520_1
5061レ
まぁ、光線はボンヤリ太陽なんで露出低下にもならずちょうどいい具合になった感じ。悪くはないですね。

そして今晩も母ちゃんはいないんで気合いを入れて酒の肴を作ってみた。
Img_0283_2
タスマニアビーフをロースト風に。やれば出来るのだ!

テニスの前に

特にこれといって撮りたい列車もない日曜日。青いEF510が上って来るのでテニス前にオマケ程度で一枚。しかしラケットを背負って、自転車の荷台には三脚を括り付けている。知らない人からはいったい何をしに行くのだろうと思われているはずだ。
Img_4_4493_1
2080レ
やっぱりこんな程度の写真だと面白くないな。

夕方、スーパーで買い物をしているときに夕立が通り過ぎた。母ちゃんは娘のところに遊びに行って留守だ。ベランダの洗濯物が干す前より濡れていた。(泣)
Img_0282_1
7%のストロングタイプ。効くね~。

より以前の記事一覧