鉄道写真

2017年11月26日 (日)

東加古川で銀

山口線でC57とD51の重連が走る日であった。楽しみにはしていたが、どうにも天気が芳しくないんで結局のところは行かなかった。心残りではあったがテニスに勤しむことにして家を出る。そして自転車の荷台には三脚を括り付けて。
Img_4_5947_1
2080レ
なんか休みの日にシャッターを切らないとダメみたいな体になってしまったようだな。

2017年11月25日 (土)

晩秋のサロンカー

この日はD51が山口線で営業運転を行う初日だった。ずいぶんと前からそれを撮りに行く予定を立てていたが、同じ日にミハサロが倉敷まで運転されるとの情報も入ってきた。どうするか? うーんっ、ミハサロを撮ってそのまま山口まで突っ走れば上りのD51に間に合うかな・・・。ハハハ、金曜日にしこたま飲んで、なんとか加古川の本宅までは帰還できたが、翌日に山口まで車を走らせる体力は復活しませんでしたね。あぁ情けない。
で、ミハサロ一本狙いとなって訪れたのはいつものところ。天気もよく空気にも透明感があって抜群の気象条件です。が・・・、うわっ!線路向こうから白煙が立ち上がったではないですか。おいおい、D51は諦めたから煙はいらんのよ。傍若無人な野焼きに周りからはざわめきが。
Img_4_5931_1
5055レ
まぁ、この貨物列車の時は煙の勢いもだいぶん衰えていましたけど、一時はホンマにどうなることかと。そしてミハサロの通過までにはなんとか鎮火に至ってくれました。
Img_4_5937_2
9331レ
色づいたイチョウと柿木も画面に入れます。秋も深まっていく中を走る客車列車に感動を覚えました。

話は全く変わるのですが、いつも通る国道2号線沿いに一軒のパン屋を見つけました。正直、今まで全く気付かなかったのであります。結構、いろんな種類のパンが売ってあって、なお且つ美味しいのでありました。これからは時々立ち寄りたいですね。
Img_0033
ちくわツナサラダ・クルミチョコの輪 ホワイトソースときのこ。

2017年11月19日 (日)

雲にやられまくりの一日

鉄道写真人生において晴れるか曇るかで過去を振り返ってみると圧倒的に曇られる方が多いと断言できる。統計をとっているわけではないから、これはあくまでも感情論なんだが、曇り空で劇的に日が差しましたなどという逆転勝利は記憶にほとんどない。何故なんでしょうか?
この日もミハサロが和歌山県を行くわけであったが、列車が来ないときはいい塩梅で晴れているのに肝心な時になって雲が・・・。4回のチャンスで晴れたのは一回のみ。それも駅に停車中というシーンだから待っていればそのうち晴れ間もあるという当然の結果。
Img_4_5892_1
9103レ
不本意な駅での撮影。まぁ、ひとつの記録として記事にしておきましょう。

2017年11月10日 (金)

国鉄色が牽く甲種輸送

西武鉄道へ納入される新製車両が兵庫の川重から輸送された。そしてその牽引に当たるのは国鉄色のPF2139号機。こりゃいいネタですよ。ただ、このスジはどこで狙っても酷い逆光となってしまうところが撮影者泣かせ。正面への日差しは諦めサイド狙いのポイントへ。
Img_4_5840_3
9866レ
これぐらいの半逆光なら許容範囲。うーんっ、ステンレスの車体が眩しく輝いて美しいです。

2017年11月 5日 (日)

まだあった黄金の稲穂

しかし思えば撮りたいと思う機関車もずいぶんと減ってしまったな。ロクロクも今では30号機のみで27号機は全然動いていない。凸とロクヨンは国鉄色が絶滅してしまって久しい。ただロクゴーは2065号機が国鉄色に復活という嬉しい話もある。そんな状況下なんでこの日も何を撮ろうかと悩んでいた。
Img_4_5787_1
1055レ
救世主というほどのものではありませんが、桃太郎の901号機でお茶を濁してみました。でも黄金の稲穂がまだ残っていて季節を記録できたことには感謝。

次にEF200を一枚。
Img_4_5791_2
2070レ
絶滅危惧種でもあるこの機関車であるが、国鉄型よりも先に廃車になるようなことなど想像もつかなかったな。

ここで何を思ったのか登山をすることに。
登ったのは標高440mの白旗山。ふるさと兵庫50山のひとつです。しかしほぼ直線的にアプローチする登山道は石ころが多くかなりキツイ。というかジョギングシューズではさすがに危ないよな。山頂での見晴らしは余り良くなかったのが残念。
Img_0015_2
去年の六甲縦走を思い出しますね。やっぱりなんと言うかこの達成感はいいもんです。

2017年11月 3日 (金)

ありゃまの大宮更新色

運用どおりであれば3084レに1049号機が流れてくると見込んで伯備線へ向った。蒜山の辺りは今が紅葉のピークといった感じであったが先を急ぐ。中国山地を越えると平地ではその紅葉もこれからといったところか。
Img_4_5774_1_2
3084レ
ありゃま!大宮更新色やないの。(泣)
まさかの運用替えに唖然となる。そして追い討ちをかける如く積荷の寂しさは半端じゃない。おいおい、高速使って来てこれはないやろ。

どう運用替えになったのか判らないので次の3088レに期待してみる。
Img_4_5779_2
3088レ

うーんっ、うろこ雲が秋らしいということで無理やり納得してみました。

写真で祝杯とはいきませんが、気付けば今日で結婚25年目を迎えるんですね。銀婚式の祝いを加古川のとある居酒屋で。
Kimg0627_1
和牛トンビのローストビーフ。
おいしい日本酒が揃えられているいい店でありました。

2017年11月 2日 (木)

神崎川で1号機

一週間ほど前に銀色のEF510を狙った神崎川。日が差すかどうか微妙な案配だったが、まぁ一週間で劇的に遅くなることはないだろうと見込んで再訪。ただ、ガーター橋には水管の影が・・・。もうさすがにシーズンオフだな。
Img_4_5766_1
4070レ
撮りたかった一枚。なんとか年内に収めることが出来ました。

2017年10月27日 (金)

朝に銀を狙う

6時前だというのにまだ暗い。10月も終わりだから日の出も確実に遅くなっているんだな。それにちょっと寒いぞ。そんなことを考えながらまたもや神崎川へやって来たのでありました。しかし鉄橋には朝日が届いていないんですね。大丈夫か?
Img_5750_1
4070レ
なんとかなりました。銀色の車体が強烈な朝日によって赤く染まっていますね。

朝潮橋にあるパン屋で買った厚切りロースみそカツドッグで乾杯。いや、すでに梅田で飲んでおりました。
Img_0439_1_2

2017年10月26日 (木)

17日ぶりの晴れ写真

やっと天気予報に晴れマークが出てきましたよ。ホンマよくもこれだけ雨が続くなと呆れておりました。
さて、久しぶりの晴れであります。有意義に、且つ大いに楽しまないともったいないですね。伯備線か、それとも赤ホキか?いやまてよ、伯備貨物はここのところ半分ほどの運用にウヤが発生している。赤ホキもちょっと飽きてきた感じ。どうしようか。結局のところ目的を決められないまま寝てしまいました。
翌朝、機関車の運転状況を見てみると・・・、よっしゃ!PF2139号機が百済を目指して下ってきているではありませんか。嬉しい展開に大喜びで寮を出ます。
もちろん、狙いは伊吹山バックで。ところがどうにも空気に透明感がないんだな。晴れてはいるんですが視界がイマイチ。となれば列車重視の構図で勝負です。
安土で電車を降り定番のポイントにはあえて行かずに京都方面へと歩きます。おっ、実りの秋を感じさせる柿の木がありましたよ。
Img_4_5721_1
5087レ
晴れの写真を収めたのは実に17日ぶり。国鉄色の美しさに万歳三唱です。

追いかけての一枚は神崎川。先日の雨がウソみたいな快晴。あわよくば水鏡になるかなと期待するも小波が・・・。
Img_4_5734_2
5087レ
ここも新線の工事で構図にずいぶんと制約が付くようになりました。

祝杯の肴は息子が釣ってきたスズキのマリネ。弾力のある皮が旨すぎるのでありました。
Kimg0613_1

2017年10月15日 (日)

雨のPF

週末は天気が芳しくないんで、昨日に引続いて寮にいる。それでこんな時に限って国鉄色が下って来た。なんかの嫌がらせにしか思えない展開だったが、寮にいてもヒマなんで傘を持って出掛けました。
Img_4_5681_1
5087レ
仕上がりには期待していませんが国鉄色なんで。

夜は一人なんちゃってホルモン鍋と昼に仕入れておいたパン。
Kimg0571_2

Kimg0574_1

週末一人飯も続くと面白くない。

より以前の記事一覧