2017年7月29日 (土)

ビール列車しまなみ

いつもは撮る側なんだけど今回は乗る側!そりゃ、ビール列車やもんな。乗らんとおもんないがな。
たまたまこの企画を見つけたのが6月はじめ。仲のいい同僚を誘ってみると二つ返事でOKが。うーんっ、みんな鉄チャンとは違うけどビール、いや、吞みが好きなんだね。
列車は岡山発で尾道を往復する貸切列車。車両はノスタルジーで気動車というところがたまらない。ビールはキリン岡山工場から出来たての一番搾りが樽で積まれて来る。それもまだ市場には出していない新作なんだとか!やるなキリン。
岡山を発車すると乗客みんなで乾杯。ビール好きな人ばかりなのか車内はすでに興奮のるつぼと化していた。そして冷房は効いているが所々のボックス席では窓が開きだした。当然、我々の席も開けますね。外の風を感じながらの一番搾りは激ウマです。
しかし、すでに姫路から岡山に向う電車でもウエルカムドリンクとかなんとか理由をつけて2本ほど吞んできたのである。こんなペースで果して今日一日持つんだろうか?6月のMPDでは酔ってコケたやつがいたもんな。両膝に青タン作って・・・。あっ、本日も参加していますね。(笑)
Img_0303_1
笠岡駅で小休止。国鉄色に塗られたキハに特製ヘッドマークが付いています。

尾道までにずいぶんと飲みました。そして折り返しまで4時間ほどは自由行動。このくそ暑いのに千光寺まで登りましたよ。
Kimg0379_1

もう汗だく。


往路で飲んだ分を全部出し切って駅前の一杯飯屋へ。
Img_0308_1
小ふぐの唐揚げがこれまたビールに合うのです。〆にラーメンを食ったけどこの辺りから写真がないんですね。だいぶん酔ってたんだろうな。

復路は尾道を15時38分に発車、後半1時間30分の飲み放題が再開しました。衰えを知ることなく飲み続けます。いや、飲む力はあったようだけど、記憶力に衰えが出始めておりました。というのも岡山から先の記憶がほとんど無いんですね。まぁ、コケたような痕跡もなく家に戻ったんで大丈夫だったんでしょう。
来年も絶対に行きたい楽しいビール列車でした。

2017年6月28日 (水)

高層ビアガーデン

今年もこの季節がやってきました。
本町界隈にはないものと思っておりましたが
いやいや、すぐ近所にありましたね。
それも高層ビルの最上階!
28階からの眺めは最高です。
と、言いながら景色に見とれるのは最初だけ。
あとはひたすら飲み続けるのであって
ヘロヘロになるのはいつも通りでした。

Kimg0333_27

2017年4月28日 (金)

京都鉄道博物館

このあいだ行きそびれた鉄道博物館。
振替休日となるこの日に再訪。
開館の10分前に着くという気合いの入れようだった。
そして真っ先に向ったのは当然ここ。
Kimg0229_36
出雲のヘッドマークも誇らしい凸756号機。
実際には756号機が出雲を牽引したことはないし
旋回窓も無くなっていて当時の姿じゃない。
でもいいのである。
凸を真下から見れるようピットが掘ってあり
そこからの眺めは今までにない経験になった。
いやーっ、来てよかったな。
梅小路のSLも含めて2時間ほど滞在。
その後は歩いて桂川へと。

5087レを待ってみたが通過時は曇り。
富山のEF510を撮って帰ります。
Img_4_3658_1
配6550レ

さて、今日から10連休がスタート。
でもアッという間に終わっちゃうんだろうな。

2017年4月26日 (水)

まさかの休館日

所用があって京都に行った。
さっさと用事を済ませて向ったのは鉄道博物館。
オープンして1年ほど経つが
ようやく足を運ぶことが出来た。
ところが・・・。
やけに人の気配がないなと思っていたけど
まさかの休館日じゃないですか。(泣)

ここまで来て帰るのも腹立たしいので
隣接する水族館にでも入ろうかと考える。
だが、入口で目にした入館料大人1名2千円の文字。
魚ごときにそれはちょっと高いだろ。
さようなら。

結局のところ東寺と京都タワーという
最もメジャーな京都観光スポットで手を打った。
どちらも行ったことがないだけに
それはそれで良かったかな。
Kimg0211_30

Kimg0219_32_2

オマケ
京都市内を歩いていて見つけたホーロー看板。
地名を表示するものとしては珍しいね。
仁丹がいい雰囲気を出しています。
Kimg0214_31

2017年4月23日 (日)

淡路島土産

昨日の宴会はほどほどにしたんで
二日酔いではないが朝から少し飲んだ。
まぁ、盆と正月そして保養所のときぐらいは
朝から飲んでもバチは当たらんだろう。
ハハハ、勝手な理由を言っているが
前回のときと同じく洲本の公設市場へ。

Kimg0187_23
さわら焼き霜造りは今が淡路の旬。
それはいいが
天橋立のはたはたと越後のワンカップは何よ。
洲本の酒屋で売っていたので
とりあえず淡路島の土産やな。(笑)

加古川に戻ったのが昼前だった。
ちょっとヒマなんで貨物の写真を一枚。
Img_4_3552_1_2
2077レ
EF210-1のムド回送付きでした。

帰りに「わがまち加古川60選」のひとつ長楽寺へ。
Kimg0190_24_2
安産のお寺なんだとか。
八重桜も終わりかな。
Img_4_3563_3

夕方も貨物で楽しみました。
Img_4_3590_1
75レ
先日に話しました白プレートのもうひとつ。1094号機です。
こっちの写真だとナンバーのブロンズ色がよく判りますね。
そして晩飯にも淡路島土産が並びます。

Kimg0194_26
イワシ酢

Kimg0195_27
淡路鳥手羽先

2017年4月16日 (日)

テニスの前に60選巡り

午前中に特にこれといって撮りたい貨物はなし。
では、暇なときにやることとした
わがまち加古川60選でも廻ってみるかと
午後からのテニス前に出掛けてみた。

Kimg0144_10
尾上神社
国重要文化財の「尾上の鐘」があります。

Kimg0149_12
浜宮天神社
黒松の群生する浜の宮公園の一角にありました。

Kimg0152_14
手枕の松
住吉神社の境内にある播州松巡りのひとつ。

Kimg0156_15
多木浜洋館
多木化学の洋館で昭和8年に完成。

2017年4月13日 (木)

夜桜花見

新しい職場の花見は夜桜だった。
靭公園の桜は少し葉桜化していたものの
なんとか見るに耐えられるぐらいの花は残っていた。
若い社員による会場設営は
テーブルもしっかりと設えてあり
ちょっと感動するぐらいの出来なのでした。
また来年もやろうね.
Kimg0135_1

2017年4月 9日 (日)

じっとしてられない

新宮からミハサロが戻ってくる日。
天気は回復する予報だがどうも気がのらない。
近場で撮りたいような列車もない。
テニスもこの日はなかった。
即ち、めちゃくちゃヒマなのである。
さて、なにをしようか?
家でじっとしてられない性分だから
なにかしないと気が狂いそうだ。(大袈裟な)
あっ、そうだ、わがまち加古川60選でも巡ってみるか。
唐突にそのようなことを思いついたのでした。
もちろん、すでに訪れたところもいくつかあるが
手始めにまずは城山と西条古墳群をチョイス。
Kimg0114_1_2
標高85mの小さな山だが
それなりに見晴らしはよく山頂には祠が建っていました。
桜がまだ残っていたので
嬉しくなってビールを一本。
旨い!
山を下りて西条古墳群へと。
Kimg0120_2
加古川では最大級の前方後円墳らしい。
でも古墳というより小さな森にしか見えないな。
トボトボと徒歩で帰ります。
途中、日岡山公園の近くで
牛・ギュッとパンを買いました。
Kimg0121_3
これを土産に一旦家に戻ります。
そして母ちゃんを引き連れて再び日岡山公園へ。
花見ですね。
Kimg0125_4
ヒマが結構楽しい一日になりました。

2017年2月10日 (金)

歩いて天保山へ

土曜日が建国記念の日なので
金曜が振替休日となった。
これといって撮りたいものもなく
平日なんでテニスの予定もない。
ゴルフには誘われていたけど
さすがに年が明けてからの
傍若無人的な遊びが続いているので
それはお断りをした。
ヒマだ・・・
そこで思いついたのがウォーキング。
天保山まで行ってみた。
約1時間半ほどで到着。
どこを見て山と認識すればいいのか判らないが
看板の写真を一枚。

201702100933

帰りも歩くんだが
途中にあった九条の商店街に立ち寄ってみる。

201702101120

ビールに!というシールが買えと訴えていたので
遠慮することなく買わせてもらいます。
合鴨ロース半額ですよ!
今晩の肴を手にしたヒマ人は
歩くと何かしらイイことがあるなと
そう実感したのでありました。

2017年1月29日 (日)

淡路島の市場

先週のカニに続いて今週はゴルフとフグ。
こんなに遊び倒していいんだろうか?
なんて考えても、もう遊んじゃいましたね。
で、償いのお土産なんだが
いつものタコせんでは面白くないので
公設市場に立ち寄ってみた。


201701291131
活きのいいナマコ。
あっ、あまり動かないのに
活きがいいというのも変だな。
写真は切っていますが店では原形でいましたよ。
コリコリ感がいいです。

201701291130
淡路どりのモモ焼きともずく
しっかりとした肉質とジューシーさが旨いのだ。

201701290950
市場の中にあった懐かしい乗り物。
これって動くんだろうか?
いやーっ、市場は楽しいですね。

より以前の記事一覧