呑喰

2018年3月20日 (火)

サバとバジルのココナッツカレー

色の黄色い方がタイトルのカレーで
黒っぽいのが日替わり分のキーマ。
このキーマがなかなか辛かった。
そしてこのキーマ、ドロッというより
固形に近くカレーとしては初めての食感なのだ。
サバとカレーという組み合わせも斬新である。
立売堀にあるカレー屋さんでの話しでした。

Img_0233_1_2

2018年3月16日 (金)

鯛こぶじめ

バレンタインデーにもらったチョコのお返しということで
淡路町にある呑み屋へ同僚を誘って行ってきた。
当たり前ですけど義理チョコですよ。(笑)
店の屋号からして日本酒メインといった感じで
それに合う旨い肴もいろいろと。
Img_0231_1
鯛こぶじめ

Img_0232_2
大山鶏たたき

またひとつ、お気に入りの店が増えました。

本日のカレーはこちら。
Img_0230_1
マトン&豆カレーあいがけでした。

2018年3月 8日 (木)

散髪から立飲みへ

地元の散髪屋はいつ行っても混んでいる。
二人以上の待ち客がいたらその日はパス。
で、ずいぶんと先延ばしが続き
いよいよ我慢しきれなくなって本町にある散髪屋へと。
税別千円という超破格値で勝負するわけだが
顔剃り無しは当たり前だろう。
だが、洗髪無しはマズいのではないか。
グォーン!
掃除機で頭を吸われたのは人生初めての経験だった。
なるほど、そうして仕上げるんですね。
スッキリとした後は立飲み屋で一杯。
本町備後町界隈はしとしと雨が降り続いていました。

Img_0218_1
厚揚げと豚肉のみぞれ煮

Img_0219_2
むし鶏ピリ辛ネギだれのっけ

2018年3月 2日 (金)

銀だら西京焼

娘から朝一にLINEが入った。
今日、大阪出張なんで飲もうと。
おいおい、せめて昨日には連絡しろよ。
でも、その夜の予定は何もないんだけどね。
定時をまわって肥後橋に参集。
小奇麗な店はどうかと思ったが
居酒屋でいいと娘は言う。
うーんっ、間違いなくおとっつぁんの血が流れてるな。
息子はフィリピンへ行ってしまったので
母ちゃんいれての3人飲み。
やっぱりこういった飲みが一番楽しい。
Img_0203_1
和メニューが中心の居酒屋でした。

2018年3月 1日 (木)

かすもやし炒め

西大橋駅に近いかすうどん屋。
夜しか営業していないから
うどんより飲み屋の色の方が濃い。
よってかすを使った一品料理もあるし
当然ながらビールやチューハイもある。
Img_0200_1
カリッと揚がったかすともやしの相性はいいね。
ホルモン炒めなどもあって
なかなかいい肴がそろった店だ。
そして〆にはちゃんとうどんも注文。
Img_0202_2
水菜かすうどん。
何となくかすがすくないような・・・。
まぁ、いいか。

2018年2月16日 (金)

Wカレー

ココのところ前日に飲み過ぎると
昼飯を食ってしまう傾向にある。
意志が弱いんだろうけど
無性に腹が減ってくるんですよ。
この日も中央大通りに面した
とあるビルのカレー屋へ入った。
えっ!こんなところにカレー屋が
といった意外なところに店を構えている。
店内も薄暗いのだな。
サラサラとしたカレーは
薬味の味も効いていて旨かった。
でも950円はやはり高いな。

Img_0191_1

2018年1月28日 (日)

天ころそばと鴨刺し

稲美にあるそば屋へ出掛けた。
ずいぶんと前にも訪れたんだが
向かいにあるうどん屋に入るという失態により
この日が初となるわけ。
名物は天ころそばらしい。
それよりも河内鴨の方が気になる。
では鴨刺しもひとつ。
Img_0164_1
鴨の生肉は食ったことなかったけど
肝なんか涙が出るくらいに旨いぞ。
当然ではあるがビールも生で。
本題のそばよりも酒の肴に感動したソバ屋でした。

Img_0165_2
これが本題の天ころそば。

2018年1月25日 (木)

鉄板焼カレー

「お待たせしました~」と言われ出てきたカレーは
鉄板の中でグツグツと煮えていた。
口の中をやけどしそうでちょっと焦る。
少し冷ましてまずひとくち。
うーんっ、カレーよりチーズの味が勝っているような。
不味いわけではないが
何とも言えない味。
百舌鳥八幡駅に近いカレー屋さんでの話しでした。

Img_0163_1

2018年1月24日 (水)

瓢箪山へ

業務の関係で近鉄瓢箪山駅へ。
駅前の景色を見て
昔に一度来たことがあることを思い出した。
所用まで時間があったんで
とあるラーメン屋に入ってみる。
あっさりとした中嘉蕎麦だ。
中嘉蕎麦?
店のメニューにはそう書いてあった。
Img_0161_1
冷え切った体が温もりましたね。

駅前のパン屋にも入ってみます。
Img_0589_1
瓢箪山の土産として寮でいただきました。

2018年1月18日 (木)

福島で立呑

翌日に使う切符を買いに福島へ。
いろんな誘惑の多いエリアである。
ふと目に留まった駅前の立呑屋。
コの字になったカウンターには
常連さんらしき人で賑わっている。
そこへちょっとお邪魔して生ビール。
家庭料理が中心の肴はおでんと共に旨かった。
びっくりしたのはタバコの吸い殻。
みんな床へ捨てているのだ。
つまり灰皿がないというわけ。
店の方針なんだろうけど
おとっつぁんは吸わないのでどうでもいい話だな。
こういった店がやっぱり好きなのであります。

Img_0147_1

Img_0148_2

Img_0149_3

より以前の記事一覧