呑喰

2017年11月21日 (火)

ボタニカリー

11時30分ごろであった。
店先にはわずかに人の行列が。
信念に背くが並んでみる。
ほどなくして薄暗い店内へ。
合がけチキンに玉子ピクルスをトッピング。
うーんっ、トッピングという言葉自体が
おとっつぁんの性に合わない。
玉子と漬物載せでいいのだ。
で、カレーはというとずいぶんサラサラしている。
酸味が強いようにも感じられたが
悪いものではない。
本町界隈にはこうしたカレー専門店が多いね。

Kimg0666_1

2017年11月16日 (木)

パンと中華

門真市を仕事で訪問した。
そこで見つけた小さなパン屋。
添加物は一切加えていない
体にいいパンを売っている。
Kimg0662_2
塩バターロール粒あんぱん。
それと
ときんぴらごぼうのおやき。
今晩の夜食です。

業務を済ませ京阪の門真市駅へ。
駅前にあった中華料理屋に目が留まる。
昼はやっておらず16時からの営業で
二度と来ることもないかとの思いで入った。
頼んだのはスタミナ丼とギョーザ。
Kimg0654_1
メニューそれぞれが庶民的価格。
昼もやればいいのにな。

2017年11月14日 (火)

お好み焼ミックス

本町の職場に異動して1年ちょっと。
来たころウロウロして見つけていたお好み焼屋。
店の佇まいが
大阪中心部とは思えないぐらい廃れている。
いや、いい味を出している。
ずいぶん年を重ねたおばあちゃんが焼いてくれるお好み焼。
イカ、ブタ、肉入りの素朴な味が堪らない。
ふと、志村けんが演じるひとみバァさんを思い出した。
30分ほどお喋りをして店を出る。
明日で開店49年を迎えるとのこと。
末永く頑張ってもらいたいな。

Kimg0653_1

2017年11月 9日 (木)

定番のハンバーグ定食

洋食屋の定番といえばやはりこれか。
それぞれ店によっていろんな味があるけど
特にかけるソースで大きく印象がかわるな。
でも、それほど味に拘らないおとっつぁんは
どんなハンバーグでも旨いと思ってしまう。
作り手からすれば面白くない客なのだ。

Kimg0643_1

2017年11月 8日 (水)

てっさと仕上げにパン

保養所以外でフグを食うことはまずないが
同僚のお誘いを受けてフグ料理屋へと。
やっぱりてっさが一番美味かった。
Img_0018_1
透きとおった身が実に美しいです。

寮に戻って仕上げはパン。
バナナそしてオクラと照焼チキンのパンです。
Img_0444_1
うーんっ、この食生活は余りよろしくないな。
真面目に胃腸のことを考えなくては・・・。

2017年11月 7日 (火)

木の葉どんぶりと豚汁

南堀江にある一杯飯屋。
屋号がなかなか面白い店なんだが
あえてそれは伏せておこう。
タイトルの二品を注文。
木の葉どんぶりとは
油揚げやネギなどを玉子でとじた丼であり
新開地で似たような丼を食った記憶がある。
豚肉たくさんの豚汁もおいしかったな。
体ポカポカで汗が出てきました。

Kimg0642_1

2017年11月 1日 (水)

煮玉子牛白湯ラーメン

仕事が終わって北浜方面へと歩いた。
飲みに行くのではない。
今日は禁酒を誓ったのである。
とあるラーメン屋。
白い濃厚スープが自慢のようだ。
牛チャーシューも絶品。
汁を飲み干すまでの旨さだった。

Kimg0619_1

2017年10月25日 (水)

鶏shioラーメン

禁断の飲酒後ラーメン。
いつも行列のできる店であるんだが
たまたま遅い時間だったからなのか
その気配がなかった。
誘惑に負けてカウンター席に腰をおろし
タイトルのラーメンを注文した。
うーんっ、濃厚な白いスープは
中毒性を引き起こしそうな旨さだ。
たまにはこういうのもアリかな。

Kimg0608_1

2017年10月19日 (木)

さば寿司

肥後橋界隈にはいろんな店があって楽しい。
その一つに持ち帰り専門の寿司屋がある。
創業は昭和の20年代で
老舗ということになろうか。
仕事帰りに立ち寄りさば寿司を買った。
うん、いい味だ。
次は焼さば寿司だな。

Kimg0576_1

2017年10月17日 (火)

しょうみそ

店に入っていきなり言われたのがこれ。
寮に近い一杯めし屋でのこと。
好きなおかずを取ってくるタイプの店も
ホンマに久しぶりだ。
小飯と味噌汁で合言葉はしょうみそ。
いいですね、こういう雰囲気が。

Kimg0575_1

より以前の記事一覧